顔 かぶれ 湿疹 薬

顔のかぶれ・湿疹の薬について

湿疹やかぶれが顔にできてしまった場合、かきむしってしまわないように、まずはかゆみをしずめることが大事です。かきむしって治ることはありません。むしろかきむしることで患部をかき壊し、化膿して悪化、さらに幹部が拡大してかゆみが増す・・・という悪循環におちいることも少なくありません。かゆみや炎症を抑える薬を使用し、この悪循環のサイクルにおちいらないようにしましょう。

 

 

かぶれには炎症を早く抑えるステロイド、かゆみをおさえる抗ヒスタミン剤などが有効です。かぶれがひどい場合は皮膚科で診察してもらってから薬をもらうとよいでしょう。軽いかぶれの場合は市販の薬でも治すことができます。

 

 

症状がひどくなった場合は、ステロイドの中でも少し強めの成分が入った薬を使用します。市販の薬でも少し強めのステロイドが配合されている場合もありますが、不安な人は医師に相談するのも一つの手ですね。

 

 

かき壊してしまった場合やとびひなどの疾患にかかった場合は、最近を殺菌してくれる抗生物質や化膿止の入った軟膏などを使用する必要があります。これらも市販の薬で治すことができますが、化膿がひどい場合は医師に相談しておきましょう。

 

とびひは人に感染しますので、特にお子様などがとびひになった場合はすぐに治療が必要です。

スポンサードリンク