顔 かぶれ 湿疹 花粉症

花粉症による顔のかぶれ・湿疹について

かぶれと聞くと化粧品やシャンプーなどのかぶれ、内臓疾患による皮膚炎症が思い浮かびますが、以外にも花粉でもかぶれがおきます。花粉が飛ぶ季節は空気が乾燥しているので鼻の粘膜や肌が乾いています。風が強い日などは花粉やほこりが舞い上がって肌を痛めてしまうなど、花粉症の方に限らずつらい日が続きます。

 

 

花粉症になると、皮膚のアレルギーであるかぶれを引き起こしやすくなります。いつも使用していた化粧品が合わなくなってしまう場合もありますから、その場合は使用するスキンケア用品を変える必要がありますね。

 

 

花粉症によって皮膚がかぶれてしまった場合は、保湿効果の高い化粧品を使用しましょう。できればスキンケア製品を化粧水・美容液だけでなく、乳液や保湿クリームまでしっかりラインでそろえることが大事です。

 

 

少し気温が高くなるとクリームを使うのがおっくうになってきますが、夏でもクリームを利用したほうがより保湿効果を高くなります。花粉の季節は2月〜5月末ぐらいまで続きますから、かぶれをひどくしないためにも、しっかり保湿効果のある化粧品をそろえましょう。

 

 

かぶれを防ぐために、コットンパックをするのも効果的です。コットンパックは長くコットンをのせすぎると逆効果になりますから、3分程度でコットンをはがして美容液や乳液で保湿していきましょう。

 

スポンサードリンク