顔 かぶれ 湿疹 皮膚

顔のかぶれ・湿疹と皮膚の保護

かぶれやアレルギー反応をおこしやすい人は、顔や体にかぶれができた場合、思い当たる原因物質を取り除いてその後は遠ざけることが大切です。接触性皮膚炎や刺激性接触性皮膚炎の場合は特に、原因を取り除く・予防することでかぶれを防ぐことができます。

 

 

アレルギー性接触皮膚炎の場合は、皮膚がアレルギーの原因物質を覚えているため、一生の間、アレルゲンに触れるとかぶれをおこします。かぶれが頻繁に起きる場合は、疑わしい物質を突き止めるために医療機関に出向き、パッチテストを行いましょう。パッチテストなどは少し時間がかかるため、医療機関に行くのを嫌がる人も多いですが、なんどもかぶれがでるとつらいですから、一度は時間を割いて行っておくべきですね。

 

 

そして接触性皮膚炎の場合は、生活の中にある刺激を予防して皮膚を保護しておきましょう。特に化粧品や洗顔料など、顔に使うものは低刺激のものを選んでおきましょう。美容部員のいるカウンターでアレルギーの人も使えるものを選ぶなど、プロに聞いてから選んだ方が無難です。

 

 

また、金属にかぶれてしまう人はネックレスや指輪などは厳禁です。うかつに素材が分からないままつけてしまうとすぐにかぶれますから、自分のかぶれない素材かどうかを確かめてから身につけましょう。金属は意外と日常生活に潜んでいるものですから、道具類などにも気をつけておく必要があります。

 

 

スポンサードリンク