顔 かぶれ 湿疹 かゆい

かゆい顔のかぶれ・湿疹の注意点とは

顔にかぶれができると顔がかゆくなり、寝ている間にかきむしってしまったりします。かき壊してしまうと確実に痕が残りますし、女性は特にかいて痕が残るという事態は避けたいもの。ですから、かぶれが出ないように予防するのはもちろん、かぶれができたときは正しく対処してかゆみを抑えておきましょう。

 

 

顔がかぶれてかゆくなったら、汗に繁殖した雑菌やほこり・ダニなどが原因の場合があります。まずは顔を洗顔してかゆみの原因を取り除きましょう。皮膚の病気や食べ物が原因でない場合は、たいていこれでかゆみの原因を取り除けます。

 

 

顔を洗う際は泡をたっぷりたてて、指が直接肌に触れないように心掛けます。洗顔後はタオルでおすようにして水分をしっかり取り除きましょう。こすったりすると逆効果です。

 

 

その後は低刺激の化粧品などでスキンケアすればダイジョウブですが、それでもかゆみがおさまらない場合は、かゆみ止め効果のある軟膏を塗り、氷で冷やすなどしてかゆみを抑えます。かゆみのある部分は熱を持っている場合が多いので、氷で冷やすとかゆみが改善されます。この時に冷やしすぎて皮膚を傷つけないように注意してください。

 

 

一時的に治ったけど、また再発したという場合は皮膚科を受診することをおすすめします。

スポンサードリンク